無題180223

今後の人生展開に影響大きめの意思決定をして表明した昨日。そういう日だったのか昨日は他もそういった重めの話が多く、更に昼夜フル仕事で疲れ果てた。

幸福かどうか、満足かどうか、どうありたいかってのは自分の中だけで決めることというか自分の中だけでしかで決められないことで、イイね集めたり誰かに褒められたり逆に他の人にはそれはおかしいと言われても自分が自分に特大いいねを付けられて初めてOKなわけで、まだ自分にイイねじゃないとこも沢山あるけれど、横浜に来たことも含め今回の意思決定は悪くないと思っている。常にこれでいいのかという自問もあるし、もっとこうありたいのにそうならない激しいジレンマで唇切りそうなこともあるけれども。

静かに降り積もる年齢という粉雪の自重と温度に向き合って定期的に雪下ろしして冷え対策をしないと、若い時みたいにオレに雪なんて積もらせないぜーなスピードで走って振り払うことはいくら体力お化けちゃんでももう出来ない。なぜか自分は年齢が全て目に来ていて、徹夜は出来てもライブのあとにラーメン炒飯餃子はフルで食えても餃子天国でテーブル一杯の中華を平らげられても、昔書いた譜面は見えないどころか自分の書く手元の字ですら読めず、だいぶきつめの老眼鏡を近日中に導入しないと日常生活にさし障るくらいになっている。が、歳が行って見えてくる世界は、近くのものもぼやけて見えなくなり遠くのものも大して見えず、そういう意味で外野に振り回されず自分のことに適度に集中出来るような感じがしていて、気に入っている。

+++
昨日シリウスでこの歌を歌っていて、長く歌って来た歌なのに、詞の内容が今の状況にハマりすぎていて危うく涙腺が切れるところだった。平昌五輪で盛り上がっているが次の夏五輪は2年後東京。こっちにきてうまく行かなければ東京五輪見てさっさと関西に引き上げようと思っていた。今のところそれはしなくて良さそうではあるが、いまだに心の底の方にあるぼろぼろになった夢の切れっ端を握ってまだ走ろうとしている。

この曲の原曲はシャーリーホーン。尊敬する弾き語りの名手。素晴らしい才能なのにミュージシャンズミュージシャン的立ち位置だった彼女は育児のために音楽活動も少し小さくしたりミュージシャンとして活動しながらも会社員で働く生活も続けていたが、実に58歳の時に出したこのタイトルチューンのアルバムがヒットした。なんとなく自分と符合するところも多い。

これを歌いながら、やっぱり曲を書こう、一人でも聞いて、ああいい曲だねえって言ってくれる人が居るなら、書いて歌おう、改めてそう思った昨夜。Here’s to Life=人生に乾杯。

〜Here’s to life〜

No complaints and no regrets
I still believe in chasing dreams and placing bets
But I had learn that all you give is all you get
So give it all you got

I had my share,I drank my fill
And even though I’m satisfied,I’m hungry still
To see what’s down another road beyond the hill
And do it all again

So here’s to life
And every joy it brings
So here’s to life
To dreamers and their dreams

Funny how the time just flies
How love can go from warm hellos
To sad goodbyes
And leave you with the memories you’ve memorized
To keep your winters warm

For there’s no yes in yesterday
And who knows what tomorrow brings or takes away
As long as I’m still in the game
I want to play
For laughs for life for love

So here’s to life
And every joy it brings
Here’s to life
For dreamers and their dreams

May all your storms be weathered
And all that’s good get better
Here’s to life
Here’s to love
Here’s to you

不平も無いし、後悔もしていない
でもまだ信じて夢を追い、その夢に賭けてる
学んだのは、与えたものが自分に帰ってくるってこと。
そう、全部。

自分は自分の取り分をもらうと、一人で目一杯飲んでいた

それで満足すべきなのに、まだ満ち足りていないと思っていた
丘の向こうのあの道に何が続いているのかを見たくて
全てをもう一度やり直そうと思った

だから、ここから人生が始まる
あらゆる喜びをもたらしてくれる人生がね
そう、ここから人生が始まる
夢見る人たちやその夢のために

おかしいわね、どうして時は速く過ぎてしまうのかしら
なんで愛は、あたたかなこんにちはから、哀しいさよならへと移ろいでいくのかしら
あなたを暖かい気持ちにしてくれたあの冬の思い出をのこして

昨日に答えなど無くて
明日が何をもたらし、何を連れ去ってしまうかなんて、誰も分からない。
でも、人生というゲームを楽しんでいる限りは
笑顔を、人生を、愛を、求め続けたい。

あなたを襲う嵐が去ったら
良いものはますます良くなるはず

人生に乾杯
人生の喜びに乾杯
あなたに乾杯

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ほんまにおおきに

次の記事

受け継がれるもの