Chaka Khan!!!!

大阪Jazz2014で来日していた
Chaka Khanのライブに行ってきた。


ヤバすぎた。。。
何だあの超絶Groove。
彼女一人のグルーヴがバンドの全てを支配してた。
あれが、61歳の声。。。

ほぼどれも原曲Keyのまま。

驚異的なハイトーンのロングトーンも
全く色褪せることなく、むしろ艶を増して健在。
そして、思いがけず知ることになった
自身の、チャカカーン愛。

昨夜のセットリストで、カバーしてないのは2曲だけ。
あとはどれも、今も演奏しているものばかり。
”Love me still” からの ”Angel” は反則だった。。。

===
今まで全く自覚が無かったのだが
自分が如何に彼女を尊敬し、たくさんカバーしてきたか。

Whatcha gonna do for me
Ain’t Nobody
& the melody still lingers on(A night in Tunisia)。。。

こうして並べてみると、確かに自分のカバーの代表曲の
主要なところはChakaが占めている。

お客さんにも、よくChaka Khanされてますよね、と
時々言われるのだが、そうかなぁ?と思っていたのだけど
全くそうだった。

一緒に行った人はむしろ、チャカカーンは私の歌で知った、と言っていた。
こんなに好きだったのか、、、

===
Chakaの歌を聞きながら
彼女の節回しや発声、ロングトーンの持って行き方など
此処そこに、自分が大きな影響を受けていることを知る。

ああ、そうかこういう歌い方、、、
自分が、とても勉強した、熱心にカバーした、という自覚があれば
ああ、そうそう、これこれ!!!と思ったのかもしれないけれど

自覚がなかっただけに
彼女の特徴的な歌節が出てくるたびに
うわあ、これ私めっちゃやってるやん、と
何とも不思議な気持ちになった。

===
実はこれと同じような
「自覚してなかったけど好きだと後で気づいたもの」が
味噌汁だったりする。

惣菜を取って食べる系のごはん屋に行った時
味噌汁を取らなかった友人に
「お味噌汁いらないの?」と聞くと
「っていうかあなた必ずお味噌汁取るよね。好きなんだね。」

と言われ

え?あれっ?そうかな?

味噌汁超好き!味噌汁無しなんてごはん食べられない、というのではないのだが
飯(米粒)を食べるのに味噌汁はセットでしょ、と
当然のように思っていたため、好きという自覚がなかった。

が、よくよく考えたら割とこだわった味噌をいつも買っているし
(というか一時期は取り寄せてまでいた)
飲まない晩御飯で味噌汁を作らない日は無い。

どう見ても味噌汁好きな人がやることよね。
自覚無いけど。
好きなもの、って
そんなものかもしれないな。

===
本当に素晴らしいライブだった。
あんな61歳になりたい。

バンドも本当に素晴らしかった。
あーやっぱりFUNKも好きだ。
今更だけど。

ちょっと計画して、All the Chaka Khanのトリビュートを
来年やろう。
ああ楽しみ。いつやろうかな。
IMG_8945.jpg

Follow me!