I’m in a NY State of Mind

10/13(火)の8日目は、この1週間でランダムに口に入れたものを、一度もぐもぐして、ちゃんと飲み込みたかったので、わたしは一日休養。長い旅のときは、こういう時間が必要です。
で、10/14(水)NY9日目は、早起きして、NYCのランドマークを観光に☆
ツアーコンダクター出来るんちゃうか、という、私おススメの完璧なLower Manhattan一周の一日観光コースをご用意させていただき、前日遅くまでスタジオセッションに参加していたチーム男子を8時に叩き起こして、8:30amに宿を出発。
まず最初に向かったのは、市庁舎のある公園。
3267547
駅を降りると、Brooklynに渡る橋、Brooklyn Bridgeがあります。
3267579
そこから、Broadwayを南下していくと、Groundゼロに近づいてきます。
ここは、前回4月も来た場所で、見るだけでエネルギーが要るんですが、やはり、NYCに来る限り、他のメンバーにも感じていて欲しかったので。
まずはGroundゼロの東隣にある、St.Paul Chruchへ。
3267552
外には、9.11の当日から1年くらいの歴史が簡単に写真で紹介してあり、中に入ると、そのときのゆかりの品が展示されていますが
その中のひとつに、当時のことをまとめた、大きな写真集があって
衝突直後の写真や、崩れ落ちるWTCの煙と瓦礫に埋もれていく街の写真がたくさん載っていましたが、その中に
黒煙をあげるWTCの窓から鈴なりになった人と、その中から人が何人も飛び降りていく様子が写された写真がありました。。。
当時の様子で、WTCから黒い雨が降った、というのは、話には聞いていましたが
まさかこれほどとは。。。。。。。
ショックにえづきそうになりながら、言葉少なに裏の墓地を抜けて、Groundゼロの方へ向かいます。
3267570
Groundゼロの真東にあるこの教会。墓地にあるたくさんの古い墓標は、苔むした薄い石の墓標なのに、なんでこれがほとんど無傷で残っているんだろう。
教会も、ほとんど無傷で残っていたようです。
阪神大震災のときに、長田の鷹取地区は、火事でほとんど燃えてしまったのに、その中にある鷹取教会のキリスト像だけが焼け残った、ということがありましたが
WTCの真横にあって、なんでこの教会や墓標が崩れなかったんだろう。。。あれだけの瓦礫が落ちてきたのに。
日曜日に教会に行ったときにも思いましたが、目に見えない力、っていうのはやっぱり確実にあって
よくこういうスピリチュアルな存在について、信じる信じないについて議論されるけど、それはそのことに対する個人の感情の話であって、あるか無いかということとは別。
で、Ground ゼロの横を通りすぎて、WTC Tribute Centerへ。
当時の映像や、熱でねじまがった鉄骨の一部とか、なかなか見るに厳しい強烈な遺品が展示された場所ですが
。。。。一言言えるのは
この過酷な状況を乗り越えたNYCは、本当に凄いと思いました。
そして、その後Trinity Churchの前を通って
3267542
更にBroadwayを南下して
3267572

3267580

3267551

3267541
こんな、あほなことをやりながら
3267565
こんなアメリカンなミキサー車とか
3267558
で、着いたのは、海に面した公園、Battery Park。
3267556
ここは、本当に大好き。陽射しが明るくて、風景がやわらかくて。どこを撮っても絵になる風景。
3267557
しかしそれにしても
快晴!!!!
3267545
3267550
みんなで写真を撮りながら、歩いていると
3267544

3267569
見えてきました。
3267568
自由の女神へは、Staten Island Ferryに乗って、目の前を通る短いクルーズ。
3267563

3267581
海側から見るManhattanもいいなあ。。。しかしこの船が無料って、NYCって一体どうなってるんやろ?(笑)
3267543
そして。。。。Manhattanを見つめる自由の女神。
Statue of Liberty、を、自由の女神、と訳した人、センスあるなあ。。。
3267546
Groundゼロを見たあとで、快晴の空にトーチをかかげる自由の女神の立ち姿は、本当に、美しく、凛々しかったです。
で、陸にあがって、そのままバスでチャイナタウンへ。
3267564

3267560
うまーーーーーい小龍包を食ったあと(このレポートは他のメンバーに任せます笑)
ユニオンスクエアのGreen Marketを見て
3267562

3267658

そのままBroadwayをてくてく歩いて、いよいよ最終目的地、Empire State Buildingへ向かいます。
3267578

3267554
Broadwayの通りの風景はやっぱり好き。北西から南東に向かって長く伸びる斜めの道は、碁盤の目が基本のNYの風景に、鋭角の景色を与えている。
ので、こんな建物もあるのです。Flatiron Building。アイロンの形。
3267592
歴史のある、美しい建物の中に、個性的なお店がたくさん入っていて、NYCの今、っていう感じがします。
歩いていくうちに、どんどん近づくEmpire State Building。テンション上がってきます。
3267591

3267596
ちょうど時刻は6:30pm頃。夕闇が深まってくる、いい時間です。
86階にある展望台まで、まずは80階まで上がる展望台で一気に上がったあと、残り6階を別のエレベータで上がり
外へ出ると。。。。
3267588

3267595
もう、これ以上は無い、というタイミング。夕闇に沈んでいくNYCの街並み。
3267590
気温はだいぶ下がってましたが、その分、光がきらきらして
3267594
もうこればっかりは、、、言葉になりません。ぜひ、見に来てください
素晴らしかった。涙が出ました。
NYCって、、、、凄いな。。。。
3267589
こんな景色を見てしまったら。。。。
やっぱ来年、また来よう。
そう思いながら、目の奥に残ったこの素晴らしい景色と、今の気持ちに浸っていたくて、そのまま宿に戻ってひと寝入り、で、今に至る。現在5:15amです。
===
弾き語り、というスタイルでやり始めた頃からずっと歌い続けている曲【NY State of Mind/Billy Joel】
やっぱりこの歌は、この街だから、生まれた歌。
緑豊かな自然の中に暮らすのも、とても素晴らしいこと。
でも私には、街に住む、っていうのが合っていて。
だからこの歌が好きなのかなあ。。。
大自然には大自然のロマンがあり
都会には都会のロマンがあって
私は、この雑雑とした、留まることの無い時の流れの先にいる
3267577

3267548
過酷な差別の時代を経て、Ground Zeroのショックを乗り越えて、こんな風に変化したNYC
3267571
こんな、街で生きることが、やっぱ大好きなようです。
=====
It was so easy living day by day
Out of touch with the rhythm and blues
But now I need a little give and take
The New York Times, The Daily News
It comes down to reality
And it’s fine with me ’cause I’ve let it slide
Don’t care if it’s Chinatown or on Riverside
I don’t have any reasons
I’ve left them all behind
I’m in a New York state of mind

Follow me!

前の記事

Lucky to be Me!

次の記事

Meg’s Dining in NYC!!!