NY日記 1~4日目☆

と、いうわけで、10/5の深夜バスで成田に行き、6日からNYに来ております。
2度目のNYは、体が覚えている、という感じで、地下鉄もバスももうすっかり慣れました。
前回は初NYだったので、ホームステイしましたが、今回は音楽仲間と5人旅、ということで日本人が経営しているドミトリーに宿泊。2段ベッドの小さい部屋で、共有のリビングのある宿は、まるで合宿です(^^;)
というわけで、ちょっとまとめて、この1週間の日記をば。
<<1日目。。。10/6火曜>>
11時間のフライトは、とっても快適。前回はアメリカン航空、今回はANA。スタッフは日本人なので安心感はあるけど、前回のようなAWAY感が無いのが、若干物足りないような(笑)
到着してすぐにみんなで1SHOT☆ 快晴!! これで一気にテンションあがりました!
3255105
その後、メンバーには早く地理を覚えてもらいたかったので、一日目は身体もきつかったですが、15時頃に宿にチェックインしたあと、すぐにお出かけ。セントラルパークに行ったり
3255087

3255092

3255110

タイムズスクエアに行ったりして
3255080
NYに来たのは、このタイムズスクエアをもう1度訪れたかった、というのが大きいのですが、やはり物凄いパワーでした。ここのエネルギーには全員ただただ呆然。
前回は一人で来たこの場所に、今度は仲間と一緒に来られたことが、不思議なような、感慨深いような、、、妙な嬉しさでした[グッド(上向き矢印)]
その後、夜はEsperanza Spaulding のライブへ。ライブは強力でした。。。。。これぞNYという、フリースタイルのコンテンポラリージャズ。長い長い一日目の帰宅は、やっぱりいきなり、3時過ぎでした☆
<<2日目。。10/7水曜>>
ゆっくり目に目覚め、昼過ぎからこちらも大好きなユニオンスクエアあたりをぶらぶら。
そしてその後、この日の最大の目的である、125丁目のアポロシアターへ。なんと今年度アマチュアナイトの総決算、という日だったようで、この後、改修工事に入るらしく、しばらく見られなくなるとか。
3255079

3255134
お客さんの歓声の大きさだけで出演者の良い悪いを評価をする、というシビアなスタイルですが、ソウル溢れるプレイやパフォーマンスには、スタンディングオベーションでの惜しみない拍手と大歓声!!!
3F席まで満員の観客と、熱く繰り広げられるパフォーマンスは、ほんとに素晴らしかったです。
<<3日目。。10/8木曜>>
3日目ともなると、そろそろ一人旅癖がうずうずしてきまして(笑)
アポロシアターに行ったときに通りかかったお店が気になって、昼過ぎにみんなより一足先に宿を出て、ハーレムに買い物へ 。
今回は、服はすべて現地調達のつもりで来たので、着替えを1着しか持ってきておらず、こっちの夜が少々寒いので、まずはジャケットを買いに。
駅を降りて、ふと通りかかったお店がきれいで広くて、表にかかってる服もなかなかいい感じ☆
中にある服も、どれもなかなかCoolだったので
「寒いからジャケット欲しいねんけど、どれがいいと思う?」と、やたら気のいい、話し方がかなりGrooveしているHipなBlack Guyの店員さんに任せてみることにしました。
結局、1枚コートを買うつもりだったのに
「ところでさ、ちょっとこれ着てみてよ」と持ってこられたジャケットが、えらい良くて
何やかんやしてるうちにコートフェチ熱を刺激され、3枚+Gパン1枚を買ってしまいました(^^;) でも、そこはいつもの交渉術炸裂で、半額まで値切りました。
で、そのひとつのジャケットを早速着て、向かった先はUnion Square。
4月に来たときにあちこちお世話になった indigo jam unitの清水氏とみんなで待ち合わせして、タイ料理のお店でご飯をいただいた後
Brooklynの清水氏のおうちを見にいきがてら、 Manhattanの対岸から摩天楼を見に。
どこを撮っても、絵になる風景。。。。Brooklynのこのあたりは、なかなかオシャレな町でした。
3255089
もうすぐハロウィンなので、こんなかぼちゃが沢山売ってました。
3255107
そして、夜は。。。。
ついに!
FUNK系のセッションに乗り込んできました!
最初は見るだけのつもりが
歌っていたターニャというホストシンガーの歌にハモっているうちに
何かマイクを渡されて
3255090
こんなことになってゆき
3255103
あなたも1曲歌ってよ!とステージにあげられて、ご機嫌だったので I FEEL GOOD/J.B.を
3255104

3255135

3255130
こんな感じで最後は大盛り上がり!!!
3255111
いやー濃かったなー。。。 楽しすぎました。。。。
興奮覚めやらず、その後軽くみんなで夜食を食べて、宿に帰ったのは朝の7時。
この日は朝からハーレム、そして最後はFUNKのセッション、と最初から最後まで、SOULFULな一日でした。
それにしても買い物したハーレムの街並み、好きだなあ。。。
今回の滞在中に、ぜひ、本場ゴスペルを見に行きたい、とつくづく思った一日でした
というわけで恒例の、お気に入りSHOT
LOVE&PEACEな2枚をどうぞ(笑)
3255112

3255109
<<4日目。。10/9木曜>>
で、NY4日目の昨日は
まずは朝から、宿で仲良くなったCool Guysと一緒に、QueensはHUNTERSPOINTというところにある、グラフィティアートを見に行きました。
前夜の興奮のセッションから帰宅したのは朝7時、風呂に入って寝たのは8時半、で、宿のリビングに集合の約束の時間は9時。
当然起きられるはずもなく 寝過ごしてしまって10時頃。
「姉さん!今日どうするんすか!?」と起こされてしまいました(笑)
つうか、やっぱ姉さんなのね。。。。。まだあなたと知り合ったばっかなんすけど。。。。。orz (笑)
7番線に乗ってコトコトと、初のQueens地区へのお散歩。
いやーーーーー!!!!すばらしかった。。。。。!!!!ここは、宿の人に、一回いくといいよと勧められていったんですが、想像をはるかに上回る素晴らしさでした!
スプレー缶だけで書かれた、4階建ての、小学校の校舎くらいのでっかい建物の壁、全面に施されたアート!!!!
3255091

3255078
同行したダイスケくん(左端)、と、翼くん(真ん中)と、最高の記念の1枚!
3255077
ダイスケくんは、なんと世界一周旅行の途中でNYに寄った湘南ボーイのバックパッカー。エジプト、マレーシア、ポルトガル、スペイン、コスタリカ。。。。それどの辺り?というような国々を、もう8ヶ月も廻っているそうで。
一方の翼くんは、HIP HOP好きな尼崎の青年。宿についていきなり尼崎トークで、こちらから同行しているゲンキくんと盛り上がってました(笑)Queensの街並みが似合いすぎ!
ちなみにこのアートは、一応許可制になっているようで、誰でもいつでも書いていいわけではないらしい。で、写真も撮ったらダメ、と書いてあるのですけど、ニコニコ笑って、写真撮ってもいい?と聞くと、もちろん!問題ないよ!と。女子の特権in U.S.A
中でもこのアートは、かなりCOOOLで洗練された雰囲気でした。
3255081
その後、3人で、日本で言うファミレスにあたるDINERで飯を食って、一度宿に帰って、みんなと合流し
今度は、地下鉄でやっているストリートライブへ。3日目に知り合ったベーシストとドラマーさんが演奏しているということで、行ってきました。まずはGrand Central Station でやっている、ベーシストさんのグループ。
3255131
Just the two of US、I Wish、Chcken、など、いつもやっているようなラインナップを演奏されるバンドで、何か一緒にやろうよといわれ、1曲、Chameleonで参戦!
そしてその後は、メインイベントである
Kenny Garrett のライブ@Iridiumへ
3255108
はあ。。。。。
まずもって、何なんやろ、あの音の質感と、重厚感。高音域から低音域まで、どこもしなやかに、かつ太く滑らかな音。バンドのメンバーも、オルガニスト、ベーシスト、ドラマー、ほんまに、Amazingでした。
Kennyは鍵盤のPLAYも素晴らしくて、Rhodesでのソロは、凄すぎて同行したメンバー全員ぽかーーーーん。。。 いやー本当に、音楽の神様Museに愛された人だなあと。。。
全体的にFunk寄りのラインナップで、吹き倒しまくりのライブは、本当に、どの曲も素晴らしかったのですが
さんざん盛り上げに盛り上げた後、ドラマーとベーシストが少し抜けて、ピアノと二人で演奏されたのは
赤とんぼ
アリラン
翼をください
***
Kenny Garrett氏が日本が好きで、漢字も書けるくらい日本通だというのは、知ってはいましたが
抑えた音量で、このNYで演奏された赤とんぼは
赤ちゃんをあやしながらお母さんが歌う子守唄のような、やさしくて、繊細で、愛と哀愁に溢れていて
赤とんぼを一節吹かれたときに、緩んだ涙腺は、アリランで解けて、翼をくださいで完全に決壊。
音楽聴いて、本気泣きしたのは、久しぶりでした。。。。
呆然としている間に日本語シリーズの曲は終わり、一気にまたFUNKラインに戻った終盤。1st SETを終えて、もうこれはもう1セット居るでしょう!ってことで、続けて2nd Setも見ようと、その場に居たら
Kenny氏が近づいてこられたので、「We came from Japan!」というと
「あーそうですか☆ こっちに住んでるんですか?それとも観光?」
と、むっちゃくちゃ流暢で、完璧な発音とアクセントの日本語で返されました(笑)
もう、ほんまに完璧な日本語で
「日本語、すごい上手ですね」というと
「いやいや、そんなことありません」
謙遜の心まで習得してるとは!!!!(笑)
で、2nd setが終わって、またKenny氏が近寄ってこられて
「もう帰りますか?まだ居る?」(もちろん日本語)
何だ、この完璧な日本語は!!!!!
まだ居ます、というと「ケーキ食べますか?」
この日は、偶然にもKenny氏の誕生日だったそうで、1st setの終わりにお店から誕生日ケーキがプレゼントされていたのですが
それを食べますか、と。。。。
こんなレアな体験、まず無い
Kennyの誕生日の日に、NYの本人のバンドのライブを見て、その後、ご本人からケーキのおすそ分けをいただくなんて。
ちゃっかりいただいてきました。チョコレートケーキ。めちゃめちゃ美味かった
で、一緒に写真を。
3255102
みんな快心の笑顔です☆
その後、本当は別のセッションに行くつもりにしていたのですが、この余韻にずっと浸っていたくて、週末で盛り上がる深夜のタイムズスクエアで、しばし喧騒に紛れて楽しんだ後、42丁目をGrand Central Stationまで、みんなでぶらぶらと写真を撮りながら帰路につきました。
3255106

3255088

3255132
***
こっちへ来て、毎日色んなことがありますけれど
昨日は、特別でした。
Kenny氏を、前回のNY訪問に引き続いて、今度は自己のバンドのGigで見られた幸運ももちろんですけど、前回、飛行機の中で突然Kenny氏が聞きたくなったのも、何か、運命ではないけれど、そういうことだったのかなあと。
Kenny氏から感じるのは
自分の国、アメリカへの尊敬と、大好きな国、日本への尊敬。
あの完璧な日本語に到達するまで、どれくらいかかったんやろ。
今回、赤とんぼからアリラン、翼をください、の演奏で、ほんまに涙腺が完全に決壊しましたけど
そこでひしひしと感じたのは
私は日本人で
やっぱ歌い手で
でも英語も好きだし
日本語も好きだし
大阪も好きで、NYも好き。
そのことを、深く感じたし、自分が日本に生まれたことを誇りに思うし
でも、NYも、ほんまに大好きで
ほんでもって、やっぱ、自分は、音楽なんやなー。
はーーーー
音楽最高!!!!!!
I am Japanese Musician, & I Love NY.
3255101

Follow me!