estoy aqui・その2

その1はこちら。2013年4月1日記述。
スペイン旅行記その6~estoy aqui…愛こそ全て~

先日8/22&24、横浜DANCE×3に
フラメンコ舞踊団・アルテイソレラの歌で出演してまいりました。

この日のステージは20分4曲。
今日お話したいのは、今回歌ったこの4曲について。

曲順に
・QUIERO
・Salve Rociera
・Yo soy Aquel
・Un Clavel

つまり。
これでした。

この映像は、2013年、アルテイソレラ舞踊団が
ヘレスのフラメンコフェスティバルに招待された時のもの。
他ならぬ2年前、私がヘレスに行ったのはこれを見に行くため。
その時の参戦記の一つが、その1

ヘレスに着いた翌日、前日リハを見せてもらいにスタジオに伺いました。
その時、皆さんが着ておられたのが、この衣装。

そして今回の、前日リハの風景。

自分が2年半前、リハで見た映像と同じ。
その時は、前から、ただの客として、見ていました。
今回はそれを、後ろから見ているのです。
この人々は、今から、私の歌で
あの時の曲を踊るのです。


今回は3日前に東京入り。
リハを3回経て、2回の本番。
その間中ずうっと
パラレルワールドに居る気分でした。

2年半前はどなたも初対面、向こうは出演者、こちらはただの客。
今は、その人たちと、ステージを作っている。
リハをやっている。
その時の旅行記に
”その中でも印象的だったのは真由美さんが踊られた、白い衣装での明るい踊りでした”
と書いてある、その曲=Salve Rociera、も、やらせて頂いた。

あの時、うわぁ、、、、と夢心地で見ていた踊りを
今自分の歌で、真由美さんが舞っているというその気分
夢のような、と言うよりも
2年半の歳月を鳥瞰しながら歌っているような
不思議な感覚でした。


今回の公演では、ヘレスで1曲目に見た”Un Clavel(カーネーション)”が奇しくも最後の曲。
4曲とも、衣装を全部早替えで変えられるので
一緒に写真を撮れるのは最後の曲だけ。
Un Clavelが最後の曲で良かった♪
Rojo Clavel=紅いカーネーション(歌詞にも出てきます)をモチーフにした
フラメンコでは多分かなり珍しい総スパンコールの衣装。超華やか。

3曲目の”Yo soy Aquel”でパレハ(DUO)を踊ったお二人と。
矢野吉峰さんと、工藤朋子さん。どちらも本当に素晴らしい踊り手。見た目にも甚だ麗しい。

顔が全体的に濃いミュージシャンチーム。音も濃い。


今回は色々な想いが交錯しすぎて
上手に文章を書けませんが
たまには書き散らすのもいいでしょう。


2日目終演後。鍵田真由美さんと。

宝物の1ショット。

まさか、自分が影響を受けてフラメンコを始めた方の
その真後ろで、この方のソロの歌を歌うことになるなんて。
人生って・・・
よくわかりませんね。
よくわからないので、2年半前の日記を引用しておきます。

~~~
飲んでいるうちに、いつの間にか降っていた雨も止み
深夜の雨上がりの石畳を、ホテルまで歩いて帰りながら
まだ
estoy aqui, aqui, para quererte…(私はここにいる、あなたを愛するために)
というフレーズが
延々と回り続けていました。
そしてそれは、ただの脳内ヘビーローテーションというよりも
自分の中の何かを、動かし始めていて

それが、何かを形創ろうとして
むぎゅむぎゅと蠢いていて
酔っているのとは違う、妙な感覚がとても、むずがゆかった。
そしてこの感覚は、結局は、帰国しても、延々と続いたのです。
何かの形を残せ、とでも言わんばかりに。

あの雨上がりの石畳を
何かを言いたいのに言葉にならないまま歩き
足音だけが、狭い路地にこだましていたあの感覚は
きっと
ずっと
ヘレスでの想いとして、残っていくのだと
思います。
スペイン旅行記その6より)

次回は9/19。BAYS~Best of Arte Y Solera~でお会いしましょう。
VAMOS!

Follow me!