‘20.6/21 フラメンコオンラインワークショップ【合わせの極意】③タラント

フラメンコをもっとフラットに、もっと楽しく!
そんな思いから2020年4月よりスタートした、新しい形式のフラメンコワークショップ

踊り、ギター、歌の全方向から、フラメンコがもっとフラットに、もっと伝わるコミュニケーションになるよう、ハッピーに、丁寧にナビゲートいたします!

毎回1曲にテーマを絞り
①オンラインワークショップ(月1回、座学でしっかり学ぶ。充実のテキスト付)
②リアルでのワークショップ(月1回、コロナ終息後。座学の実践)
③リアルでのセッション(月1回、コロナ終息後。自由で楽しいセッション)

の3本立て。充実の内容で、1曲について焦らずじっくり学べます。1年通すと代表的な曲は網羅します!


2020年4月にスタートした全く新しい形のフラメンコワークショップ【合わせの極意】
4月26日に第1回アレグリアス、5月24日は第2回でソレアをお届けし、どちらも大変ご好評をいただきました。
こんな分かりやすい教材は今までなかった、と、テキストと動画が大好評です。

さて、第3回はフラメンコの中でも謎が多くみなさん悩みまくるアレ、
そう、「タラント」!
初見ではとらえどころが難しいあの歌、覚えにくいメロディ、でもかっこいい。。。
しかし実はしっかりとしたベーシックの仕組みがあります。
これが分かると、どこがどうアレンジされているのかがよく理解できます!

★日時★
2020年6月21日(日)
14:00〜16:00
ツイキャスプレミアライブ
ぜひお気軽にご参加下さい!
チケットはこちら

★参加方法★
*オンラインワークショップは、PCもしくはスマホ、タブレットからのご視聴となります。
「ツイキャスビューワ」というアプリを入れていただければOK!

*詳しい視聴方法はこちら。簡単です!

*リアルタイムでご参加いただいた方はその後2週間、当日のワークショップ録画を追加料金なしでご視聴いただけます。

*リアルタイムでご参加できない方も、お申し込みいただければ録画視聴できます。
また、ワークショップ終了後でも購入が可能です

★参加料金★
1,500円(税込)
*書き下ろしスペシャルテキスト付き!

★お申し込み★
https://twitcasting.tv/natarajashiva/shopcart/7356
こちらからご購入くださいませ
ご購入時いただけると、視聴方法が出てきます。

★対象となる方★
●フラメンコの踊り、ギター、歌をやっておられる方
●フラメンコに興味があって、これからやってみたい方
●フラメンコのことを知りたい方
●打楽器等いろんな楽器の方も歓迎です!フラメンコ未経験でもOK!
●年齢、ご経験は問いません、全く未経験でもOKです!

★ワークショップの内容★
①【“合わせの極意”オンライン講座】
踊り・歌・ギターそれぞれの仕組みを優しく丁寧に解説!
「構成」「歌の長さ」「リズムの仕組み」等、”あの謎”を全て解き明かします!
リアルタイムで皆様からのご質問にも答えられます。
毎回曲を1曲に絞り、じっくりと、分かりやすく、ご説明します。

②【“合わせ”についてオンラインフリートーク】
ホストアーティストと共に、どうしたら伝わり互いにコミュニケーション出来るフラメンコになるのか、また普段疑問に思っていること、今更聞けない悩みなど、皆さんで自由に気軽に話しましょう!

③【極意を楽しむ】
後日、リアルでホストアーティストや参加者の方と気楽に合わせられる
セッションの場を毎月設けていきます!
コロナ禍終息後、すぐ立ち上げる準備がございます。

★ホスト★
●山中純子/踊り
●柴田亮太郎/ギター、パルマ
●奥本めぐみ/カンテ、司会進行、当企画主催者

★今回の課題曲★
タラント

歌の長さが最もシンプルなもの。
むちゃくちゃかっこいいタラント Eduardo Guerrero
この人の肩関節はどうなってんだ。。。
コンクールでの構成なのでとても凝っていますが、ベーシックに則っています。
(11分以降はアレグリアスです)

このタラントの不思議な感じ、リズムの仕組み…知ってみたいと思いませんかー?(*´ω`*)

★このワークショップのテーマ★
コミュニケーションをとる!音楽を理解する!


💰毎回参加してもお財布に超やさしい料金設定!
毎月開催します。1年で踊りの代表的な曲は網羅します!

📝毎回1曲に絞って、みっちりしっかり楽しくワークショップを行います。

フラメンコをもっと楽しくやりたい!という方ならどなたでも歓迎です。
ぜひふるってご参加下さい!


***以下、超絶詳しいワークショップ立ち上げのきっかけと内容です***
ご興味ある方はお読みください(*´ω`*)

??フラメンコをやっておられるアナタ💃こんな疑問はありませんか??
そしてフラメンコに興味ある!やってみたいっていう貴方🎸🎷🎻
こんな疑問はありませんか?

■フラメンコやってる方のギモン編■

★踊りやってて、教室の発表会やライブにも出たりしてるけど、踊りと歌やギターさんとのカラミ方が実は…あんまり…全然…分かってないの…💧自分のことでいっぱいいっぱい…

★歌の長さとか歌詞って、なんで歌う人によって(何なら同じ人でも毎回)違うんですか…??😲謎!

★振りを覚えてるつもりなのに、歌に入ってこられた瞬間、振りがすっ飛んでしまう…

★いつもCDに合わせてやってるから、生演奏でやられるとワケが分からなくなってしまう😰

★ギターとか歌の方と練習したい…でも…お高いんでしょう?…ヒトリデヨブナンテムリ💸

★歌を聞けってよく言われるけど…ぶっちゃけ歌の何を聞いたらどうなるのかが分からない…ってかそれももはや言えない…💧

★構成を伝えられなくて、先生にメモしてもらったやつを丸暗記してそのまま言うだけになってる…でも突っ込まれても何もわかってませーん!🙇‍♀️

★いつもリハーサルで、ギターの人と歌の人に、今のじゃわからない、入れないって言われる。でもどこを改善すればいいのかイマイチわかんない。。

★…っていうようなこと、知らないクセに今さらそんなこと恥ずかしくて聞けない🙉誰か教えてぇぇぇ🙊

★そこそこギター弾ける、もしくは踊れる、もしくはカンテ覚えてみたけど、他の人と合わせたことがありません…一度合わせてみたい…

★実力を試したいけど自分でライブ企画するまではいかないし、ペーニャとかいきなり行くの怖いし、知り合いも居ない😢


■フラメンコやったことない方編■

●フラメンコにちょっと興味がある。
でも、フラメンコやろうとしたら踊りの教室かギターの教室ばっかで、音楽的に教えてくれるとこが見つからない。しかも…なんか…高い…

●踊りをやらないでフラメンコに触れられるトコどっかないの??

●楽器やってて、フラメンコかっこいいし取り入れたいけど、何を取り入れたらそうなるのか分からない…🌀

●なんかちょっとやってみようと思ってググッたりYouTube見てみたけど、よく出てくる”コンパス”って何なのよ??

●スペイン語ハードル高すぎー!🇪🇸

●つーかそもそもフラメンコ、何拍子なんすかこれ🙌

●もっと言うとアタマがどこかすら分からないんですけどー!!👳‍♀️

●そもそもフラメンコって、コード進行とかなんか決まってることがあるの?

●歌をやってみたいんだけど、何からやっていいのか全く検討がつかない🙄

●フラメンコの譜面買ってみたけどとにかく意味不明…

その他…

☆フラメンコをやることに、とにかくちょっとでも自信を持ちたい!

☆踊り習ってみたいんだけど、いろんな先生がいすぎてわからない…誰か紹介して…!

☆なんかフラメンコ気楽にできる仲間を増やしたい!

☆てか気楽にフラメンコやれる場所ー!!ぷりーず!!

☆とにかくなんかたのしそーだから遊びに行きたい!

といった方々…
ぜひこのワークショップに参加してくださいっ😊


今回開講するこのワークショップは

・踊りの振りや足、手の使い方
・ボイストレーニング的な歌の技法やフラメンコの歌
・ギターのラスゲアード

といった、”各パートの実技”をお教えするものではありません。
(え、いや、それも習いたいんだけど!と言う方にはもちろんワークショップ後、個別にご対応やご紹介はいたします!ホストは全員、レッスンを受け付けております)

パートごとの実技ではなく
“各パート同士のコミュニケーションの取り方”
つまり、セッションの仕方をレクチャーしていくワークショップです。
*コミュニケーションの中で必要な踊りのテクニック、歌のテクニックなどはもちろんその場でやりますが、それがメインではないです、上手くできる必要は全くありません!

つまり、ライブや発表会など人前でやる時に、どうやったら踊りと歌とギターとパルマで「イイ感じ」に仕上げてゆけるのか、というワークショップなのです。踊りも含めた「アンサンブル」の作り上げ方についてレクチャーしていければと思います。


今回の課題曲「ソレア」

■全体的なことについて
・その曲の基本的な構成・何を知っておくと良いのか

■歌について
・基本的な歌の長さ・振り付けと歌の関係

■ギターについて
・ギターは何をしているのか

■踊りについて
・踊りはどこに気を付ければいいか
・ジャマーダ、レマーテ、などのそれぞれの重要性と、どうすれば伝わる動きになるのか

などなど、このワークショップのために書き下ろした特製テキストに沿って、座学とQ&A、実演を交えたリズムトレーニングなどを90分行います。

フラメンコでとても大切なパルマ=手拍子は、ギターの柴田亮太郎氏に、本場へレス仕込みのパルマをレクチャーしていただく予定です。

そしてそのあと、コミュニケーションや曲の理解について、質問をお受けしながら、自由にお話するフリートーク。ぜひこちらで、普段の悩みを話し、どうしたら良い感じにやれるのか、ホストを交えて、楽しく皆さんで話し合いましょう!

そして後日になりますが、これを踏まえたリアルセッションを企画していきます。
こちらは、コロナ禍終息までしばらくお待ちください。必ず開催します。
その時は皆さんで思いっきりやりましょう!

参加していただきたいのは
・レッスン生などの踊りの方
・ギターの方
・歌の方
・打楽器の方

フラメンコやったことない方でも、管楽器や弦楽器、ピアノとかでも、フラメンコに触れてみたいって方にも。もちろんプロの方や、とりあえずオンラインで見てみるだけ、も大歓迎!

フラメンコでこういう形のワークショップ、セッションはほとんど無かったと思います。
こういうセッション経験を増やして、できる腕を磨きまくりましょう!

丁寧に分かりやすく解説します。スペイン語分からなくても、踊れなくてももちろん大丈夫🙆‍♀️

💃こんなに学べて、且つ一線で活動するミュージシャンと踊り手から、直接アドバイスをもらいつつ、セッションではホストと一緒にその場でやってみれちゃう❣️なんていう超楽しい企画です✨ぜひご参加をお待ちしております!


【タイムスケジュール】

●最初10分
・このワークショップのご説明
・ホスト自己紹介
・ご参加者の自己紹介

●その後60分
・ホストによる曲の解説ワークショップ
(質問コーナーを適宜もうけながら進めます!)

●その後40分
ご参加者とホストによるフリートーク。
課題曲以外の話題も可!

●最後10分
ご感想、質疑応答など

●終了


一緒に学び、遊びましょう!こちらで参加予約を受け付けております★

分からないことなども、こちらのコメント欄にどんどん書き込んでくださいね!

皆さんのお越しを心からお待ちしています!!!

★ワークショップ&セッションホストのご紹介★

●山中純子/踊り

東京理科大学卒業後、味の素株式会社医薬研究所に配属。自分で稼ぐことが出来るようになったら踊りを始めようと幼い頃から心に決めており、そんな時、フラメンコギターの音色に出会い、魅了されてフラメンコを始める。

2009年、フラメンコ一本で行くことを決意し、スペインに渡西。マリア•デル•マル•ベルランガ、マヌエル•ベタンソス等に師事。
クアドロ、テアトロ出演多数。全日本フラメンココンクールファイナリスト。

2019年1月、東京都文京区本郷にフラメンコスタジオTesoro del Flamenco 設立。
(※Tesoro:スペイン語で宝物の意)

同10月には、赤坂November Eleventh でファーストソロライブを行い、大好評を博す。
沢山の人にフラメンコの楽しさを知ってもらいたいと思い、精力的に活動中。


●柴田亮太郎/ギター・パルマ

1975年、東京生まれ。10代の頃よりギターを始め、ポピュラー、ジャズ、クラシックを学び17歳でフラメンコギターを始める。

1995年よりスペインへ5年間留学し、多数のフラメンコアーティストに師事、スペイン全土で著名なアーティストの公演にて演奏活動を行う。

日本へ帰国後は、フラメンコギターのスタイルを生かし、フラメンコのみならずジャズ、サルサ、ポップスなどあらゆるスタイルの音楽に携わり、日本、スペイン、キューバなど各国のアーティストとフラメンコや多くのレコーディングで共演する。

また、他アーティストへの楽曲提供も行うなど、活動は多岐に渡る。


●奥本めぐみ/カンテ、司会進行、当プロジェクト主催者

3歳からピアノ、12歳からトロンボーンを始め、歌は趣味で歌っていたが阪神大震災をきっかけに音楽の道へ。

1999年よりプロ活動開始以来、シンガーソングライター、ボーカリスト、ピアニストとして自身の名義による多くの作品を発表、年間100本近いリーダーライブ活動を全国で展開。これまでにアルバム7枚をリリース。

ブログの文章にも表出するように、鋭く深淵な視点から繰り出される言葉と、スケールの大きい音楽は、初めて聞いてもその歌詞が一発で心に届き、その音情景とあいまってまるで一編の映画を見るようだ、と高い評価を得ている。

また、Jazz-Funk、Flamenco、Latin、Jazz、World-Musicなど、ジャンルをまたいで超える創造力と、理系脳から導かれる的確なディレクションで現場ミュージシャンからの支持も厚い。

2009年ニューヨーク留学、2011年第12回神戸ジャズボーカルクイーンコンテストにて準グランプリ授賞等Soul、Jazz界で活躍していた折り、自身のライブを訪れた佐藤浩希氏(フラメンコ舞踊家)に見出されフラメンコカンテを始める。

2016年日本フラメンコ協会新人公演にカンテ歴1年で出演、準奨励賞を授賞。 「彼女の存在は、この先の日本カンテ界に確実に強烈な活性化と進化をもたらすだろう」と評される。

カンテでは関東〜関西のタブラオライブ等にも定期的に出演、豊富な音楽経験から導き出される確かな歌唱表現と強力なその声で高く評価されている。


今後の予定

●6月:ガロティン or ティエント(近日決定します)
以降
グアヒーラ、タラント、シギリージャ、タンゴデマラガ、ブレリア、ファルーカ、ファンダンゴ…決まり次第お知らせいたします!

皆さんのご参加の様子やご希望を見て、土日開催、平日夜開催などでも検討していきます!


〜ワークショップ開催のきっかけについて少しお話を…〜

私は長く別の音楽でプロ活動をしてきて、外からフラメンコの世界に入ってきました。
その間携わってきたJAZZやPOPS、JAZZFUNKの世界には「セッション」っていうのがあります。映画にもなりましたね☺️フラメンコで言う、ペーニャとかでやるフエルガ、みたいな感じでしょうか。

そしてフラメンコのお仕事をやっていく中で、側で見ててと〜て〜も気になっていることがあります。

フラメンコはスペイン発祥の文化ですが、フラメンコ人口はスペインに次いで世界第2位と言われているほど、日本にはたくさんの踊り、ギター、歌の教室がそれぞれあります。
しっかりとしたレッスンをされてる先生方も沢山おられ、アマチュアの方でもスペイン語を話せたり、短期留学したりして、本当に熱心で、踊りも素敵なレッスン生の方も沢山いらっしゃる。

Jazzの世界では、ギターとかピアノやってても英語ペラペラなんていう方は、特にアマチュアでは少数派だと思います。

そんなみんな熱心なのに!! Σ(・ω・ノ)ノ!
なーのーにー!!!😵

いざそれを合わせる”ライブ”の場でどうすればよいか、というアンサンブル的なことを教えてもらえる場が極端に少ないと思うのです🤔

合わせる段になると急に、見て学べ!自分で勉強しろ!なんでわかってないんだ!カンテありきだろ!と途端に体育会系的スパルタに…(;´д`)

それぞれが、合わせる時に何を気を付ければいいのか分かってないまま、いきなりライブやリハーサルで初対面でよろしくお願いします、で合わせる、ってなってる現状。歌の人とギターの人に気を遣いまくって、緊張しまくって、余裕なんてなくって

且つそれで失敗しても、そこから学べばよし、みたいな感じになっていて

互いの共通認識や、セッションとしてのノウハウが足りていないように、ずっと感じていました。これでは合わせても噛み合わないよね〜、と。

そして色々と伺っているうちに、ライブの前の状態、つまりリハーサルも含め、本番を想定した合わせ=セッションが絶対的に足りて無いことに原因があると感じるようになりました。

なので、フラメンコに携わってる方、興味あるけど入り口が分からない方、など、レベルやこれまでやってきたことを超えて、誰でも参加できる、気軽な、それでいてしっかりと研鑚を積めるオープンな場を作りたいなと思い、この企画を立ち上げました。

毎回テーマを1曲に絞り、フラメンコの代表的な曲をじっくりと解説し、質問してもらい、理解し、そして合わせてみる。そんなワークショップとなります。ばっちり踊れなくても、ばっちり歌えたり弾いたりできなくても、全然問題ありません。

第1回目はアレグリアス、第2回めはガロティン、第3回めはソレアを計画しています。

以降、3拍子系、2拍子系を交互にタラント、シギリージャ、ティエント、グアヒーラなど代表的な曲を1回1曲、じっくりやる、って言う形です。

そして立ち上げるからには毎月定期的に継続して、広まっていけばと思ってます。なんと第3回までは日程が決まっております!

また、お招きするプロの方を”講師”と呼ぶのではなく”ホスト”という形にしたのは、一方的に教える、教えられる、ではなく、みんなで悩みを解決し、知見を共有していきましょう、という雰囲気にしたいからです。

各曲についての考えかた、踊り、歌、ギター、打楽器等、その中での自分の役割、各パートの立ち位置について考え、実践を積みましょう!

ご参加お待ちしております!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

モノの役割

次の記事

7月に2つほど