★フラメンコカンテでの踊り伴唄や演奏のご依頼は、お問い合わせフォームからお願いいたします。24時間以内にご返信いたします。

奥本めぐみCanteアー写真
奥本めぐみ

カンタオーラ
1月12日生まれ
B型、神戸生まれ、横浜在住



◆略歴◆

理学修士(構造有機化学)を持つという異色の経歴
3歳からピアノ、12歳からトロンボーンを始める。
1995年、地元神戸で阪神淡路大震災に遭い、親友を亡くしたことをきっかけに音楽の道へ。
AN Music Schoolヴォーカル科を特待生で修了、1999年よりプロ活動開始以来、シンガーソングライター、ボーカリスト、ピアニストとして自身の名義による多くの作品を発表、年間100本近いリーダーライブ活動を全国で展開。これまでに自己のアルバム7枚をリリースしている。
2009年にはニューヨークに単身留学、その後2011年には第12回神戸ジャズボーカルクイーンコンテストに初挑戦、準グランプリを授賞するなどJazz-Funk、Soul、Jazz業界で長く活動していたが。2015年、佐藤浩希氏(アルテイソレラ)に見出され、フラメンコカンテを始める。

2015年のアルテイソレラ舞踊団の全てのステージに出演。各所で好評を得、2016年に拠点を関東へ移してからはさらに活躍の場を広げる。
2016年6月日本フラメンコ協会主催・新人公演2016にフラメンコカンテ歴1年で出演、いきなり準奨励賞を授賞し注目される。
その後佐藤浩希・鍵田真由美アルテイソレラ舞踊団、平富恵、今枝友加ら日本のトップフラメンコアーティストたちと次々に共演、「この先の日本カンテ界に強烈な活性化と進化をもたらし、彼女の存在は確実にカンテに新しい波をもたらすだろう」と評される。
また、2019年からはNovember 11thのタブラオライブ等にも定期的に出演、豊富な経験に基づく音楽歴から導き出される確かな歌唱とリズム、豊かな表現とその声で高く評価されている。