heat elements

◆heat elements◆
奥本めぐみ:Vocal/Piano/Keyboard
古賀和憲:Guitar
笹井BJ克彦:Bass
衣笠智英:Drums

ジャンル:Jazz-Funk、POP、AOR、R&B-Soul
活動期間:2007年12月〜
Facebookページ


◆Profile

2007年12月結成。
リーダーであり全作詞/作曲を担当する奥本が関西Jazz-Funkセッションで出会った笹井、衣笠に声をかけてスタート。2009年にはギターの古賀が正式加入し現在の形に。通称”ヒーテレ”。
Jazz-Funkの手法をベースにPOPS、ROCK、AOR、Latin、Soul、R&Bと各プレイヤーの特長を余すところなく織り込んで書かれたオリジナルは耳の肥えたインスト好きのリスナーをも魅了し、また大人の女性の心を鷲掴む歌詞の世界観と相まって、とにかく女性のファンが多い。
緩急自在なGrooveの渦に巻き込む演奏と関西臭甚だしい全員MCで畳み掛けるライブはとにかく音も喋りも楽しいバンド。
2009年5月に1st Album”Bloom”、2017年5月に2nd Album”Scratch”をリリース。
結成12年目に突入し、さらにこの4人は加速する。


◆来歴

2007年12月結成。

笹井の主催していた関西Jazz-Funk Sessionに2007年4月、奥本が初めて参加して主催者の笹井と出会い、更にその半月後、高槻Jazz Streetの打ち上げセッションで演奏していた衣笠と出会い、この二人の音楽力とスタイルに大きな感銘を受けた奥本が声をかけてスタートした。

当初奥本は、とりあえず一度セッションライブでいいからやりたいと思い声をかけたが、オリジナルは無いんですか?という笹井の問いに、もちろん何曲かあるけど、と言うと、じゃあまずリハーサルからやりましょうよ、と提案された。多忙なメンバーゆえにリハーサルまで付き合ってもらえると思っておらず、これは中途半端なことは出来ない、と手持ちの曲を少し手直しして持っていった。当時時折奥本が共演していた中島岳(Gt)にも声をかけ、4人での初リハーサルが2007年8月、中島岳のプライベートスタジオにて行われた。お互いに手応えがあったのか、何度かリハを繰り返して曲をためようという話になり、その後毎月曲を書いてはリハをするということを半年ほど繰り返し、2007年12月30日、ついに1stライブを高槻BIRDで開催した。

ぜひ続けていきたいと思っていると、翌年2008年の高槻ジャズストリートにて、同イベント10周年記念特別企画としてそれまでは無かったFunk Stageが設けられ、その主催を笹井が任されていた縁からこのステージにもheat elementsとして出演、ライブ2度目にして屋外の注目会場に出演し、この時非常に大きな反響を得て活動が本格的にスタートする。

ギターの中島が自身の活動に注力するため抜けた後はサポートギタリストを迎えて活動し、2009年5月には結成1年で8曲入りオリジナルフルアルバム”Bloom”をリリース。そのレコ発とも言える2009年5月の高槻ジャズストリートのステージでサポートギターに迎えた古賀が、ステージ本番中に「僕このバンドやりたい!」と宣言しその場で正式メンバー入りが決定。以降10年間ずっと同じメンバーで活動している。

2017年には2nd Album”Scratch”をリリース。各楽器の四天王的メンバーが正面から生身でぶつかり合う”ヒーテレ”の世界に衝撃を受けるミュージシャンも多く、その活動はじっくりと着実に進化を続けている。

heat elements@高槻ジャズストリート 2019.5.3
heat elements@高槻ジャズストリート 2018.5.3
heat elements@高槻ジャズストリート 2014.5.4