Stormy Monday

”Call it Stormy Monday”
嵐の月曜日。
火曜日も、最悪よね。
水曜はもっと悪くって
木曜なんて、悲しいばっかり。
金曜日になったらドル札は飛んでっちゃうし
土曜は演奏に出かけるけど
日曜は教会に行って、ひざまずいて、祈るのよ
ああ、神様、どうかお慈悲を、こんなみじめな私に、って
ああ、誰か、彼を私に返して、ってね。。。

===
今日、これ、歌います。
ブルースはそんな沢山は歌っていませんが
この歌だけは、何か自分の心情と、いつも合ってる感じがするのです。

New Yorkに行って初めて行ったジャズクラブのセッションで
いくつか歌う曲を用意していったのですが
前に歌った方に、たまたま全部歌われてしまい
名前を呼ばれた時には、もう覚えてるジャズの曲が無くて
ブルースでもいい?と聞くと、構わない、と言ってもらえたので
ハーレムのど真ん中にあるという立地のクラブであるにも関わらず
この歌を歌いました。

歌い終わって、拍手も沢山頂いて
ああよかった、、と少しホッとしていると
大きな黒人のおじさんが、一番遠くの席からつかつかと
急ぎ足で歩いてきた。
うわ、やっぱり日本人がブルース歌うなんて、って
殴られるのかしら。。。と思って一瞬身構えたら
次の瞬間、何か叫ぶように口にしながら、抱きしめてくれた。

早口で全然聞き取れなくて
ごめんなさい、もう一度言って下さい、と言うと
「あんたアジア人だろ?日本人だよな?
ここに、日本人の女の子も時々歌いに来るんだよ。
俺、ほとんど毎日ここ来て、色んなやつの歌聞くけどさ
あんたみたいに”ブルース”を歌ったやつは見たことが無い!
あんたの歌は、完全にブルースだ!
間違いないよ!
Oh, Lord, have mercy on me、って歌ってても
ゴスペルじゃないんだ。
あんた自身がブルースだ!

俺は感動したよ!ありがとう!
もっと歌ってくれよ!
俺に、もっとお前の歌を聴かせてくれよ!聞きたいんだ!」

==
まるで、無かったことにしようとしているような
今の空気。
原発問題。
気にしても仕方ないから?
どうしようもないから?
報道してないから?
なぜか、禁句になっているような風潮。
どう考えてもおかしい。

身近な人でも、本当に異常事態だと言っても
それでも東に仕事を求めて移住する人がいる。
私はその人じゃない。
判断するのはその人だし、その人の人生だ。
人の気持ちは変えられない
時は戻らない
受け入れて生きるしかないと分かっていながら
それでも
Won’t somebody please,
send that days on home to me
と叫びたくなる時がある。

【Call it Stormy Monday/Eva Cassidy】

Follow me!